眼精疲労についての理解を深めよう

当サイト(眼精疲労まるわかり)について

このエントリーをはてなブックマークに追加
当サイトでは、眼精疲労になる原因と改善・対策について、わかりやすく解説をしています。パソコンやスマホの普及は、世の中をより便利にしてくれましたが、眼精疲労という新たな問題も生み出してしまいました。日本国内だけでも眼精疲労に悩まされている人は相当数いると言われています。眼精疲労は、正しい知識を身につけ、しっかりとした対策を打つことができれば、必ず改善できるはずです。当サイト内のコンテンツを眼精疲労の改善にお役立てください。

眼精疲労とは?


眼精疲労とは、目の疲れがひどく、そのために様々な身体症状が表れている状態を指します。身体症状の例は目の疲れ、目の充血、目の痛み、視界がかすむ、まぶしい、頭痛、肩こり、吐き気、嘔吐、食欲低下などです。また、眼精疲労が原因でイライラや不安感が起こることもあります。

スポンサーリンク


眼精疲労と眼疲労は違う?


眼疲労と眼精疲労は違います。眼疲労は簡単に言えば目の疲れです。別の言い方で「疲れ目」とも言いますね。

眼疲労と眼精疲労は症状が似通っており、眼疲労も目の充血や痛み、まぶしさ、頭痛、肩こりなどを引き起こします。この二つの違うところは、眼疲労なら目をつぶって休めば回復するというところです。1日中目を酷使して眼疲労が起きても、一晩よく休めば翌日には回復していることがほとんどです。

ところが、眼精疲労は1日で回復することはまずなく、ゆっくりと休息を取っても症状はなかなか軽減しません。簡単に言えば、眼疲労のもっとひどいものが眼精疲労だということができるでしょう。

眼精疲労が起こる原因


眼精疲労が起こる原因はいくつか考えられます。以下、一つずつ解説していきます。

@目の疾患によるもの
近視、遠視、乱視は眼精疲労を引き起こします。こうした疾患があると、焦点を合わせるのに眼球付近の筋肉を普通以上に酷使するため、血流が滞り、老廃物が蓄積するなどして眼精疲労が起こりやすくなるのです。尚、近視、遠視、乱視による眼精疲労はレーシック手術を受けることで改善もできるケースも多いです。

A環境によるもの
パソコンやスマートフォンなどの画面の目過ぎ、空気の乾燥、エアコンの風やホコリ、紫外線、赤外線などが目から入ること…。こうした環境的要因が目の疲れを生じさせ、眼精疲労へと発展してしまうことがあります。

B精神的な要因によるもの
過度のストレスを抱えていたり緊張状態が続いたりすると、自律神経が乱れやすくなります。自律神経には、活動や緊張と関係した交感神経と、リラックスに関係した副交感神経があります。ストレスや緊張状態が続くと、交感神経の方が活発になり、筋肉を硬く収縮させてしまい、血流が滞ってしまうのです。それに伴って眼球の周りの筋肉も硬直してしまうため、眼精疲労が起こりやすくなるのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク